イベント概要

※同業他社様のお申込み、個人でのお申込みはお断りしております。あらかじめご了承ください。
※このウェビナ―は、2021年9月15日に実施されたウェビナ―のアーカイブ配信です。

自社の商品・サービスについての変化を捉えるためには、今の市場の情報を集める必要があります。その方法の1つとして、生活者の情報を集めるマーケティングリサーチがあります。 特にネットリサーチに代表される定量調査は、手軽に始められる顧客理解の手法として有効です。

今抱えている課題を解決するためにどのような手法が使えるのかどのような活用事例があるのかなど、これからマーケティングリサーチ(定量調査)を検討されている方向けに、事例を交えてご紹介します。

また今回は、商品サービスの価格をきめるプライシングのノウハウについても詳しく触れていきます。 是非、今後のマーケティング施策を考えるうえでの参考にしていただければと思います。

このような方におすすめ

・マーケティングリサーチの概要を簡単に知りたい方
・価格戦略に課題がある方
・はじめてマーケティングリサーチを検討している方
・価格調査を活かす方法が分からない方
・今までリサーチをしていなかったけど、これから実施を検討している方

※セッション内容は状況により変更となる可能性がございます。

登壇者

株式会社ネオマーケティング
カスタマードリブンディビジョン マーケティンググループ リーダー
杉山 太一
マーケティングリサーチでは食品メーカー、日用品メーカー、広告代理店、コンサルティング会社といった企業にて、定量定性問わず数多く運用。定量調査の設計、インタビュー調査のモデレーターなども務める。現在はマーケティンググループのリーダーとして、自社マーケティングを担当。

開催概要

開催日:2022年1月20日(木)12:00-13:00 ※アーカイブ配信
参加料:無料
視聴方法:YouTubeでの配信
参加人数:最大100名

【当日の参加URLについて】
ウェビナー当日までに、「info@neo-m.co.jp」よりメールをお送りします。
参加URLのご案内が届かない方はお手数ですが (toiawase@neo-m.jp) までご連絡ください。

お申し込みフォーム