20220616共催ウェビナー (修正)

イベント概要

※同業他社様のお申込み、個人でのお申込みはお断りしております。あらかじめご了承ください。
※このウェビナ―は約60分のウェビナ―です。

どのような広報活動を行なえば、メディアに情報が取り上げられるのでしょうか?

またメディア関係者とのリレーションはどのように築けばよいのでしょうか?

効果的な広報・PR活動を行う上でのポイントの1つが「データを起点にする」という発想です。今回は、広報・PR活動を「データ起点」で行なうポイント、メディアとの関わり方・関係性の構築方法についてお話いたします。

メディアにはデータに裏付けされた、根拠のある情報が取り上げられる傾向がありますが、そもそもどのようなデータを、どのように取得し、広報活動に取り入れればよいのか、疑問を持たれる方も多いかと思います。

今回は具体的な方法論として、調査データをメディア向けのコンテンツに活用する手法もご紹介します。

ぜひ広報・PRに携わる方は、今回のウェビナーにご参加くださいませ。

※セッション内容は状況により変更となる可能性がございます。

登壇者

IMG_0999 (1)

株式会社Enjin
メディチョク責任者
寺崎 祐樹(てらさき ゆうき)
新卒で株式会社USEN(現株式会社USEN-NEXT HOLDINGS)に入社。動画配信プラットフォーム「GyaO」の法人広告営業に従事。2010年4月株式会社Enjinに入社。その後10年以上PRプランナーとして様々な企業のPRに従事し、2016年には地上波放送にて「SCENE~人生を紡ぐ名場面~」の 総合プロデューサーを務める。メディア企画室の責任者を経て、現在は、「メディチョク」の責任者として従事。

高橋(拓)さん 拡大後

株式会社ネオマーケティング
PRディビジョン マネージャー 
高橋拓己
マーケティング業界歴13年。
2011年よりネオマーケティングに入社。マーケティングリサーチに留まらず、次なるPR施策まで含めた提案も多く実施。
日用品・調味料メーカー、広告代理店、PR会社など多様な業界でのプロジェクトに携わり、数々のプロモーションを手掛ける。

開催概要

開催日:2022年6月16日(木)14:00-15:00
参加料:無料
視聴方法:Zoomでのオンライン配信
参加人数:最大300名

【当日の参加URLについて】
登録後、自動でzoom <no-reply@zoom.us> から送信されます。
ウェビナー当日までに、「info@neo-m.co.jp」よりメールをお送りします。
参加URLのご案内が届かない方はお手数ですが (toiawase@neo-m.jp) までご連絡ください。
ご注意:Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。

お申し込みフォーム